このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

バーチャルオフィスの中には記帳代行サービスを提供しているところがあります。これを利用することによって、会社の経理や会計を任せることができるでしょう。特に小さな会社を経営しているケースがバーチャルオフィスの利用者の中には多いです。自分で会計や経理をしているというケースもあるでしょう。それではミスが発生する可能性が高いです。記帳代行を利用できれば、面倒な業務をすべてバーチャルオフィスにやってもらうことが可能です。

ちなにみにバーチャルオフィスサービスの「ワンストップビジネスセンター」でも記帳代行サービスを実施しています。やはりお金や人が限られている中での苦手な作業は利益につながらないと謳っていて、不得意なことは外部にまかせることが効率よい仕事につながるとのことでした。

営業や商品開発が得意なだけども、数字や会計・経理は苦手な社長さんはたくさんいらっしゃいます。

お金も人も限られている中、苦手なことに大切な時間を投じるのは非常にもったいないし、利益にもつながりません。
不得手なことは外部にまかせ、ご自身の本業に集中なさってください。

書類このサービスは必要な資料を送ればそれをまとめて記帳してくれます。通帳のコピーや領収書、請求書などを毎月用意して、それをまとめて預けるのです。それを基にして会計士が記帳をしてくれます。もし追加で確認したい事項があったり、追加で必要な資料がある場合には、そのことをメールですぐに連絡してくれるでしょう。必要な追加資料を送付します。

そして、最終的には成果品を送ってくれます。メールで送ってもらえるでしょう。賃借対照表や損益計算書といった資料を作成してもらうことができます。これを毎月繰り返し行ってもらえるでしょう。年間の財務状況をグラフにして報告してくれるところもあります。こちらを活用することによって、ビジネスにとても役立つでしょう。